なめらかな健やか美肌を目指す!ニキビ洗顔情報局

洗顔料を見直そう

手鏡ニキビ対策は化粧水や美容液をグレードアップするよりも、洗顔を変える方が効果を期待できると言われています。今、使っている洗顔料を見直すだけでもニキ ビのできる数が圧倒的に減るかもしれません。

ここでは、ニキビケア洗顔料選びのコツや、ニキビケアに効果を発揮する成分について伝授したいと思います。

ニキビ肌に効果てきめん!洗顔料選びの基本とは?

抹茶洗顔の泡洗顔は“保湿力”の高いものを!
ニキビの原因は、肌の乾燥により肌のバリア機能が低下して炎症が起こってしまうケースがほとんど。保湿成分配合の洗顔料を使うのがおすすめ。
肌を守りながら必要な汚れだけをしっかり落とすことができるので、高い効果が期待できます。
自分の肌質に合った洗顔料なら数日でニキビの赤みが引いたり、ニキビの数が減ったり、なんらかの変化を実感できるはずです。
ニキビ肌の方は、洗い上がりのサッパリ感で洗顔を選びがちですが、これは大きな間違いです。

抹茶洗顔の泡毛穴や皮脂の汚れを取り除いてくれるか
ニキビを治したり予防したりするには毛穴に詰まった皮脂や汚れをしっかり取り除くことが大切です。
毛穴の奥まで入りこんで、汚れを吸着するタイプの洗顔料を選ぶようにしましょう。
最近人気のモコモコ泡洗顔は、一見洗浄力が高いように見えますが、実は毛穴よりもはるかに大きい分子でできていることが多く、毛穴の奥の汚れを落とすことができません。
皮膚への浸透力の高い洗顔料を選ぶようにしましょう。

抹茶洗顔の泡抗炎症・殺菌作用を持つ成分が入っているか
ニキビの炎症を抑える抗炎症・殺菌作用を持つ成分を含んでいるかどうかも大切なポイントです。
以下の成分は、大人ニキビのケアに有効な成分といわれています。

  • ビタミンC誘導体:皮脂分泌の正常化、肌の抗菌作用といった効果をもつ
  • グリチルリチン酸2K(甘草エキス等):ニキビの炎症を鎮める

抹茶洗顔の泡肌に優しい処方かどうか
ニキビ肌は肌のバリア機能が低下していて刺激に敏感な状態。そのため、とにかく刺激の少ない洗顔料を選びましょう。
また、合成界面活性剤を含む洗顔料は洗浄力がありますが、ニキビ肌には刺激が強すぎます。
オイルタイプや拭き取りタイプは避け、鉱物油やパラベンなどの添加物を極力含まない洗顔料でケアしましょう。

抹茶洗顔の泡古い角質を取り除くピーリング機能が備わっているか
古い角質を取り除くピーリング機能が配合されていると、スキンケアの基本となるターンオーバーを促進することができます。
ピーリング作用を持つのはグリコール酸、フルーツ酸、サリチル酸などの酸性成分。
ただ、ニキビに有効とはいえ、やり過ぎて逆にお肌を傷つけることがないよう、くれぐれも注意しましょう。

 
なめらかな健やか美肌を目指す!ニキビ洗顔情報局