なめらかな健やか美肌を目指す!ニキビ洗顔情報局

思春期二キビ

中高生にできやすい10代のニキビ。おもにホルモンバランスの変化により皮脂の分泌量が増えることが原因と言われていて、おでこや鼻などのTゾーンにできやすいのも特徴です。
続いては、食事、洗顔、スキンケア、通院など、思春期ニキビが改善したさまざまな体験談を紹介します。ニキビに悩む10代のみなさんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

これで治った!10代のみんなが語る「思春期ニキビケア」

洗顔皮膚科編洗顔

16歳~20際くらいまでの間、思春期ニキビに悩まされていました。その頃はとにかく皮脂量が多く、洗顔後に放置してもテカテカ。
そのうち、大き目のニキビ が鼻にできはじめ、おでこが無性にかゆくなりはじめ、赤みを帯びてきました。
最終的におでこ全体に小さなニキビができてしまったのです。
はじめは市販のニキ ビケアを使っていましたが、効果ナシ。前髪を上げてもダメでした。
そこで、評判の良い皮膚科を探して通い始めたところ、数回の通院で症状が軽くなり、2ヶ月で 嘘のようにニキビがなくなりました!
外用薬と遠赤外線治療でしたが、こんなに効果があるなんて、お医者さんの薬やきちんとした治療は違うと実感しました。

洗顔食事編洗顔

高校に入学した頃から徐々にニキビが増え始めました。ちょうどその頃から、放課後は友達とファーストフードへ行ったり、お菓子を好きなだけ食べたりと食生活も乱れはじめ、ついには顔中ニキビだらけになってしまいました。
そんな私を見かねた母が少しでも良くなればと、ニキビに良い食べ物を調べてくれて、毎日お弁当を作って持たせてくれるようになったんです。
私も、母のために食生活をきちんとしよう!と思って外食も控えて、みんながお菓子を食べる隣で酢昆布をかじって耐えました(笑)。
でも、これが良かったのか、だんだんニキビが減ってきました。私のことを気遣ってくれた母に感謝です。
ニキビ予防には、ビタミンB やビタミンCを多く含む食材を摂ると良いようですよ!

洗顔洗顔編洗顔

10代のころ、なにをやっても効果がなかったのですが、正しい洗顔を心掛けるようにしたら、症状が改善されました。
肌に強い刺激を与えない、タオルでごしごしこすらない、 しっかり泡立ててから洗顔するとか、当たり前のことだけど今までできていなかったので…。
洗顔料も、安いものではなく、ニキビ専用の洗顔に変えたらすぐに 良くなりました!はじめは、顔のテカテカが気になっていたので、オイリー肌用の洗顔料を使っていましたが、皮脂が多めに出てニキビが繰り返しできていたようです。
添加物が入っていない、肌に優しい洗顔料を選ぶって大事だなと実感しました。

洗顔エステ編洗顔

通っていた高校の校則が緩く、私服登校だったので毎日メイクをして登校するようになりました。
メイクを落とさずに寝てしまう日も多く肌荒れがひどくなり、 そこに10代ならではのホルモンバランスの変化も重なって肌がボロボロに…。
母と一緒にエステサロンに通い始めたら、肌の状態がかなり良くなりました。今思えば高額なエステ費用を負担してくれた母はすごいと思います。

10代の赤ニキビへの即効性を期待するなら洗顔を重視して

10代のニキビは「青春の証」「大人になれば良くなるから」と言われがち。気休めを言われても、悩んでいる本人はとっても辛いものです。

確かに、10代でできるニキビは第2次成長の過程のなかでできるものなので、根本原因を取り除くのは難しいもの。ですが正しいケアを行えば大人ニキビよりも症状が改善しやすいのも、思春期ニキビの特徴です。

食事や生活リズムを改善することで、多少の効果は期待できますが、まず心掛けるべきことは「正しい洗顔」です。

薬を塗ってもダメ、皮膚科に行ってもダメ、何をやってもダメという人が、洗顔料を変えただけで改善されたというのはよくある話。それだけニキビケアにとって洗顔は大切なのです。

10代の赤ニキビを洗顔だけで治すテクニック4つはコレ

  • 朝は必ず洗顔
    ついつい朝の洗顔はサボりがちですが、寝ている間にホコリや皮脂で汚れた毛穴を落とすだけでも、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑えられるので、朝は必ず洗顔を行いましょう。
  • 洗顔料のつけ置きはNO!
    洗顔料のつけ置きはNG。洗顔のときに肌がヒリヒリしたら、洗顔料の使用を中断してしばらく様子を見ましょう。
  • 隅々まで洗い残しなく丁寧に
    髪の生え際や小鼻の横、顎などの輪郭部分は洗い残しが出やすい場所。洗い残しがあると、他の場所にも影響がおよび肌トラブルの原因にもなります。
    髪をゴムやターバンなどであげて、顔を全部出して洗うようにしましょう。見えにくい場所まで丁寧に洗い、清潔に保つことが大切です。
  • 2週間使っても肌に変化がなかったら、使うのをやめよう
    2,000円以上のちょっとお高めなニキビ洗顔料は、「ニキビや吹き出物が再発しにくい、健康的な肌をつくる」ことを目的としています。
    2週間たっても「なんの効果ないかも…」と思ったら、ほぼ肌に合っていません。使うのをやめて、ほかの洗顔料を使い始めたほうがベターです。

ライン

 
なめらかな健やか美肌を目指す!ニキビ洗顔情報局